世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

企業のニューノーマルを示す、ユニリーバ10年の試み

f:id:socialcamp:20200711030754j:plain

Photo by Robert Collins on Unsplash

新型コロナウイルスへの対応で世の中が騒然とする中、洗剤やボディソープなど、世界中のスーパーの棚にたくさんの商品を供給しているグローバル企業ユニリーバによる、10年にわたる試みが終了しました。それが「ユニリーバサステナブル・リビング・プラン(以下USLP)」。グレタさんが世の中に出てくるよりも、SDGs(持続可能な開発目標)が国連サミットにより採択されるよりもずっと前の2010年から、ユニリーバが自発的に10年計画で始めたこの「サステナブルな社会」を実現するためのイニシアチブは、同社をこれからの企業が目標とすべきロールモデルへと押し上げました。今回は彼らに敬意を表し、ユニリーバがこの10年間で「ステレオタイプによる差別や格差をなくし」「環境負荷の少ない商品を作り」「より持続可能な社会づくりに貢献する」ためにおこなった素晴らしい取り組みをいくつか、ご紹介します。

 

まずは、これまで広告やメディアが押し付けてきた「美しさ」に関するステレオタイプを改めるべく、普通の女性たちをモデルにしたフォトライブラリーを立ち上げ、広告・メディア業界に向け公開したDOVEのProject #ShowUs。

www.youtube.com

↓ちなみに日本語のキャンペーンサイトはこちらです。

#ShowUs / #美しさって?プロジェクト - Dove

 

次に、疫病の予防を目指して今から100年ほど前に世に出たユニリーバの石鹸ブランド「LifeBuoy」による試み「Infection Alert System(感染警告システム)」を紹介します。インドのローカル地域を対象に、同ブランドは疫病の感染拡大を予防すべく、各地の健康管理センターと連携。ビッグデータにより感染拡大が予想された地域住民のケータイに自動的にメッセージを送る、という仕組みを開発することで対象地域における関連疾病を18万件近く減少させるなど、多くの人々を救っているそうです。

www.youtube.com

 

最後は「木にとってはもはや、熱帯雨林にいるより都市にいる方が安全だ。」「こんな(おかしな)状況を変えよう。」というメッセージを美しい映像と音楽で表現し、ユニリーバ が持つブランドの数々が、森林に負荷を与えない商品づくりを行っていることをアピールしたオンラインムービーです。自分たちの取り組みを伝えるだけでなく、最後にWWFによる木々を守る取り組みへのリンクをつけて、見た人への行動を促しているところも素晴らしい。

www.youtube.com

しかし何よりすごいのは、これらが彼らの取り組みの「氷山の一角」でしかない点。彼らがこれまで繰り広げてきたこのほかの取り組みがSDGsの17のカテゴリー別に網羅的に分けられた記事があるので、ご覧いただくと「SDGsの達成には貢献したいが、どうすれば…」と悩んでいる、あらゆるジャンルの組織の皆様の参考になると思います。 (↓カテゴリー別の取り組みはこのリンク記事の下のほうにまとめてあります)

www.unilever.co.jp

 そしてさらにすごいのが、USLPの活動を通じてユニリーバ

サステナビリティを戦略の中核に置くブランドが、他のブランドに比べて 46%速く成長」し、「今やユニリーバ全体の成長の 70%を占める」

ようになった、という事実。(↓出典元はこちら)

www.unilever.co.jp

この成功の裏には、より環境/社会コンシャスな若い世代の消費者からの支持だけでなく、「自分の仕事が世の中に役立っている」というユニリーバの中で働く人々のモチベーションアップ、そして「そんな企業で働きたい」というインセンティブによる、より良い人材の獲得などがあるようです。

ユニリーバももちろんUSLPが終了したからといって前世紀的な姿に立ち戻るのではなく、「ユニリーバ・コンパス」という新たな、さらに野心的な指針を発表する予定だそうです。(↓以下のリンク参照のこと)

www.unilever.co.jp

なんだかユニリーバさんの回し者のようになってしまいましたが(汗)、このような企業を加速度的に増やしていかないと、次の世代にきちんとバトンを渡せなくなる!という危機感からこの記事をまとめました。

こんなブログを通してでもいいので、一人でも多くの人に彼らの知見が届き、世の中がより良くなれば、と思います。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それでは皆様、また来週! 

街の大気汚染を「可視化」と「カネのチカラ」でロンドン市民に"自分ゴト化"させたキャンペーン

f:id:socialcamp:20200704165056j:plain

Photo by Benjamin Davies on Unsplash

産業革命当時は工場から出る排気で「霧の街」といわれたロンドン。技術革新や法制度の充実、産業構造の変化により当時に比べれば大気汚染は大幅に改善されていると思われますが、住民の視点に立てば、まだまだ改善の余地があるようです。

そこでロンドンのクリエーティブ業界が加盟する非営利団体COPI(Central Office of Public Interest)が立ち上げたイニシアティブがAddressPollution.org。彼らがこの試みで何をしたかというと…。詳しくは、以下の説明ビデオをご覧ください。

www.youtube.com

彼らはロンドン市内の600万にのぼるポイントから収集したデータを基に、ロンドン市街の大気汚染の状況を20平方メートルごとに区切ったグリッドで表示(=可視化)。のみならず、そのデータをそれぞれのグリッドにある不動産の資産価値と結びつけてデジタルプラットフォーム上で表示する事で、自己資産の価値に関心のある市民や、それを扱う不動産業の人々に大気汚染を自分ゴト化させることに成功しました。

家のアイコンと、色の使いわけにより大気汚染の程度をシンプルに示したデザインと、「子供の喘息や、肺の発達障害などを誘発しうる」「ここの大気汚染は不動産価値において20%のディスカウント要因となる」といった、リサーチに根差した率直なレポーティング、そして、そのレポートが自分の住む、または自分の不動産がある20平方メートルについてなされる、というこの試みは大きな反響を呼び、そのデータが一般的な不動産ポータルサイトの物件情報として活用されるようになったり、大気汚染について正しい情報を与えない行為が法律違反となるなど、不動産だけでなく行政にも具体的なアクションを促したそうです。

巧みなコンセプトやデザインによりなされた課題の「可視化」を、不動産ビジネスという「お金の流れ」と組み合わせる事でより現実的に事態の改善を促していこう、というこのアプローチは、理想論と建前の応酬になりがちでなかなか実際の成果に結びつきにくい、その他大勢の環境問題に取り組む人々にとってもヒントになるかと思いました。

ちなみにこのキャンペーンのウェブサイトは以下になります。

https://addresspollution.org

f:id:socialcamp:20200704174636p:plain

ご覧のようにとってもシンプル。ちなみにここのウィンドウに、私の勤務先とネットワーク関係にあるロンドン拠点の郵便番号を入れてみたところ、以下のような結果が出てきました。

f:id:socialcamp:20200704174526p:plain

私はロンドンに行ったことがないのでこの場所がどんなところかはわからないのですが、「DEMAND ACTION(改善の必要あり)」とのこと。画面では見切れていますが、左側のウィンドウを下にスクロールすると大気汚染に関する概況と健康、資産価値への影響が簡潔に書かれていて、私のようなノンネーティブでもとってもわかりやすいインターフェイスとなっていました。

f:id:socialcamp:20200704180101p:plain

さらにいいな、と思ったのがこの機能。上述の「DEMAND ACTION」をクリックするとこの署名ページになり、ここでの署名はサイト運営者により取りまとめられ、そのまま行政や政治家へと手渡されるそうです。…うん、いいUIだ。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それでは皆さん、また来週!

【悲報】自分、知らぬ間にヤバいモノを食べていたことが判明

f:id:socialcamp:20200627145206j:plain

Photo by pixpoetry on Unsplash

2週間前に、「数字を可視化すること」に成功したアイデアについて触れましたが、その言霊に惹かれたのか、今週はさらに強烈なインパクトを持つ「数字の可視化」アイデアを見つけましたのでご紹介します。WWF(世界自然保護基金)による「Your Plastic Diet」キャンペーンです。

このプロジェクトは自然分解されず、世界中の食物や水、大気などあらゆる場所に散らばるプラスチックの目には見えないゴミ「マイクロプラスチック」の脅威を可視化しました。人体が1週間の間に体内に取り入れているプラスチックの量を、とある身近なプラスチック用品に可視化したのです。その用品が何かというと…。以下のビデオをご覧ください。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 そうです、その答えは↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:socialcamp:20200627142907j:plain

クレジットカード!!

まだ具体的な人体への影響は証明できていないそうなのですが、毎週クレジットカードを1枚食べているとしたら、長期的には人体に何らかの影響はありそうですよね。

そして、このキャンペーンは日本語のサイトも用意されておりまして、以下のリンクからアクセスいただけます(上のビデオの日本語字幕付きバージョンもご覧いただけます)。 

yourplasticdiet.org

この中に、簡単なアンケートで自分が先週体内に取り入れたプラスチック量を推測できるコンテンツがあるのですが、それによると先週私は…

f:id:socialcamp:20200627142948p:plain

私は先週6.15グラムのプラスチックを食べたらしい…

 知らぬ間にこんなに大量のプラスチックを毎週体内に取り込んでいたことも衝撃だし、何よりもこの事実があまりに世間に伝えられていない事にも愕然としました。

私は常日頃からマイボトルを持ち歩いてはいますが、どうやらそれだけでは、次の世代に健康な暮らしをつなぐことは全くもって難しそうです。では、どうすればよいのか…?

プラスチックのような便利なものを作り出したのも人間。使いすぎて首を締めつつあるのも人間。でも同時に、この問題を乗り越えるのも人間にしかできないことです。そしてその時に必要なものは「アイデアの力」です。

いやぁ、アイデアって本当にイイものですね。それでは皆さん、また来週!

ラッシュアワーの喧しいクラクションに一撃!を加えたムンバイ警察のナイスアイデア

f:id:socialcamp:20200620154048j:plain

Photo by Francesco Benvenuto on Unsplash

海外でタクシーなどに乗っていると、渋滞中に運転手たちが躊躇なく鳴らすクラクションに若干引いてしまうことがあります。国民性の違い、といえばそれまでですが、じつはご当地の人々も迷惑だな、と感じているみたいでして…。

この問題に悩んでいたムンバイ警察は、とある交通ルールを変えてしまうことで、この問題を解決してしまいました!それでは彼らが行なったことを、以下のムービーでご覧ください。

www.youtube.com

そうです。彼らは何と、クラクションにより騒音が85デシベルを超えると車道の赤信号の待ち時間が自動的に「リセットされてしまう」、つまり元の待ち時間に延長されてしまう信号を設置したのです。同時にそばの電光掲示板に「もっと鳴らせば、もっと待つ」などの交通標語を添えることで、クラクションの使用を抑えるようドライバーたちに促しました。確かにこんなことをされたら、特に急いでいるドライバーたちはクラクションを自制せざるを得ないですよね。。

ビデオには含まれていませんがこの取り組みは後日、世界中のニュースで大きく取り上げられ、その効果を認めたムンバイ当局もこの信号の設置箇所を増やしていく予定だそうです。

しかしこのビデオ、待ち時間が延長された時のドライバーたちの慌てた顔と、それを見ている歩行者たちの楽しそうな笑顔が対照的で、面白いですね。ずっと家にいた反動でしょうか、今の事態が落ち着いたらインドに行ってみたいなぁ…なんて思ってしまいました。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それでは皆様、また来週!

人を動かす「数字の可視化」

f:id:socialcamp:20200613114742j:plain

Photo by Nick Hillier on Unsplash

先日、ジャイアントパンダ(以下パンダ)が大好きな同僚からパンダについての講義を聴きました。パンダが本来生息できるのは中国の本当に限られたエリアのみであること、日本にいるパンダは中国から年間契約でレンタルされているものであることなど、目ウロコな情報が満載だったのですが、今世界にいるパンダは何頭でしょう?と聞かれ、「1800頭」という答えが出てきた瞬間、その存在がいかに危機的状況にあるかについてハッとさせられました。もし日本人が1800人しかいなかったらどうなるだろう?東京ドームを満員にすることすらできない…など、数字にすることで様々なイメージが一気に膨らみ、パンダの危機的状況に思いを馳せることができたからです。(その頭数でも「回復傾向にある」そうなのですが…)

「数字」は使いようによっては人の心を動かしうるメッセージになります。今回は社会的課題にまつわる「数字」を少しのアイデアで「可視化」させることで話題化に成功したキャンペーンを2つ、ご紹介します。

ひとつ目がこちら。

www.youtube.com

ベルギー政府が決定した、アートに関する助成金を「60%」カットする、という政策に対し、人々があらゆるアート作品の「ビジュアルを60%カット」することで抗議したキャンペーンです。かなりシンプルなアイデアですが、そのシンプルさゆえ市民も自分のプロフ写真を60%カットする、などの方法で次々と賛同。世界的にも話題となり、政府はこの決定について再審議せざるをえなくなった、ということです。

もうひとつがこちら。 

www.youtube.com

とあるフルーツジュースメーカーが水の大切さをアピールすべく、World Water Dayに合わせて人々が日頃ムダにしている「水の量」を「特注ミネラルウォーターボトル」で可視化した、というキャンペーンです。「500ml=”蛇口から落ちる水滴18分”分」、「1.5l=”歯磨き中に垂れ流す水道40秒”分」、「5l=”シャワー中だらだらする20秒”分」、そして「20l=”ホースで洗車する1分”分」など、ついやってしまう水のムダ使いを、いつも手にしているミネラルウォーターのサイズと比較できる形で可視化することで、その量を実感できるアイデアです。なぜフルーツジュースのブランドがこのキャンペーンを行なったのか、そのロジックは若干謎ではありますが、数字の可視化のユニークさ、というところで取り上げさせていただきました。

いやぁ、アイデアって本当にイイものですね。それでは皆さん、また来週!

選挙の不平等を放っておけない!アメリカの格安テレコム会社が投票日に行った、驚くべき取り組み

f:id:socialcamp:20200607145812j:plain

Photo by Element5 Digital on Unsplash

投票日。週末に行われることが多い日本だと大体、近くの学校か公民館の投票所に行き、さらっと投票して帰る、という手軽なイメージが一般的だと思いますが、アメリカの場合はここにも貧富の格差が立ちはだかります。

2012年の大統領選挙の際は、低所得者層やマイノリティが住む地域に十分な数の投票所が確保されず、実に1.000万人もの人々が一票を投じるために長蛇の列に並ばなければならなかったそうです。何時間も待たされた挙句、結局投票できなかった人も多数。投票所へアクセスする権利の不平等が問題になっていました。なのに2016年の大統領選挙では、マイノリティの声を封じ込める政治的意向があるのかないのか、さらなる投票所の減少が見込まれていて…。

そんな状況を見かねて立ち上がったのが、低所得者層やマイノリティが住むエリアを中心に、全米で低価格のテレコムサービスを提供しているBoost Mobile。はたして彼らが2016年の大統領選挙の際、この問題を解消するために行った取り組みとは…? ぜひ、以下のビデオをご覧ください。

www.youtube.com
そうです、彼らは自分たちの店舗を大統領選挙当日、投票所として活用する取り組みを推し進めたのです。(日本でいうと、お近くのdocomoauSoftbankのお店を投票所にする感覚だと思います。)前にこれを実行した人の講演を聞いたことがあるのですが、もちろん無断で投票所を作るなどということはできず、投票所としての基準を満たし、かつ各自治体からの許可を得るためには大変な努力が必要だったそうです。最終的には全米870もの自治体と交渉した結果、 合わせて5,000もの自ブランドの店舗を投票所に変えることに成功。そのエリアの投票率は平均で実に23%もの上昇を見せたそうです。

テレコム会社だけに、彼らの「声」を活かすために最善を尽くす、というロジックは理にかなっているし、投票という(これまで不便を強いられていた)アクションを店舗で快適に体験してもらう”プロモーション・キャンペーン”だと捉えれば、新規のファンを作り、顧客として取り込んでいくきっかけとしてもかなり有効に作用しているのでは、と思いました。

はたして選挙結果が彼らの意に沿うものだったかどうかはわかりませんが、言葉だけではなく、アクションでしっかりと社会的公平さを実現していこう、というBoost Mobileの姿勢には学ぶところがたくさんあるな、と考えさせてくれる事例でした。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それではみなさん、また来週!

 

ペットとともに、おうちで暮らそう。今だからこそ、のペディグリーの素敵な試み

f:id:socialcamp:20200530155525j:plain

Photo by Alvan Nee on Unsplash

今日は2020年5月30日の土曜日。新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国的に解除されてから初の週末ですが、すぐに在宅勤務体制を全面的に解除する会社はそう多くはなさそうです。むしろ、職種によっては適切なデジタルツール の活用で、在宅でもできる作業が意外とあることが明らかになった、と感じる方も多いのではないでしょうか?

このまま家からリモートで勤務する、という習慣が一般化すると、コロナ後も人々が家で過ごす時間が増えていくことになるでしょう。となると家でペットと暮らしながら働く、という選択ももっと一般化するのかもしれません。

そんな流れを先取りしたのか、新型コロナウイルス対策として在宅生活を続けるアメリカ人たちにドッグフード・ブランドのペディグリーが最近、ZOOMを使ってこんな素敵な試みを繰り広げています。

www.youtube.com

在宅生活を余儀なくされる中、お家の中でペットと新しい暮らしを始めようかしら…?と考え始めた人々がシェルターに保護された犬たちと「外出することなく」出会えて里親となれるよう、 ZOOMを使ったお見合いサービスを始めたのです。

もちろん犬も嬉しいし、里親も嬉しい。さらにはシェルターで身寄りのない犬の面倒を見ている人にも嬉しいし、さらには「Feed the good~(良きことを飼育していこう)」をスローガンに掲げるペディグリーにとっても嬉しい。4方よし、のブリリアントなアイデアだと思います。

ちなみにこの特設サイト、少しいじってみるとみると日本にあるシェルターなども調べることができて、ペディグリーの本気度が伺えます(下記リンクでご確認ください)。

www.pedigree.com

私はこのコロナ災禍が始まる前からペディグリーのブランディングが大好きで、愛犬とセルフィーを撮るとき、犬の「目線」が必ずもらえるこんなユニークなデバイスを開発したり…

www.youtube.com

子供が巣立った後の親たちに向けて「ペディグリー・子供の代役プログラム」というコンセプトで「子供の代わりに犬を飼いましょう」というメッセージをクスッと笑えるテレビCMで語りかけてくれるなど…

www.youtube.com

犬を飼う人々の気持ち(インサイト)をしっかりと掘り下げ、印象的なアイデアで気持ちよく伝えてくれることが多いので、「我々のことをよく知っているペディグリーなら、我々や、我々の犬に対して、きっと変なことはしないはずだ」という信頼感を非常にうまく醸成できている気がします。

ちなみに上記全てのビデオ、作られたエリアや時期が異なっていても、全て同じ文字のフォントと色使いで構成されているのに気づいたでしょうか?こういう細かな統一感も、ペディグリーのブランドイメージ蓄積に「効いている」と思います。

最後は脱線してなんだかブランディング講座みたくなってしまいましたが、今回のZOOMを使ったアイデアも、これらの過去の蓄積があるからこそさらに効果的なのだ、という側面をご認識いただくと今後、皆さん自身の組織や取り組みのブランディングにも役立つことと思われます。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですよね。それでは皆さん、また来週!