世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

世界に広がる新ムーブメント:MovemberとVeganuary

f:id:socialcamp:20210116095802j:plain

Photo by Waldemar Brandt on Unsplash

年明け2週目。仕事も本格的に再開し、かなり慌ただしい方も多いと思いますが、今回は2000年以降に開始され、海外で広がりつつある「季節もの」の新しいソーシャルグッドのための取り組みを2つ、ご紹介します。

 

11月(November)は男性の健康増進を応援するMovember

最初がこちら。前立腺や精巣の癌から精神的な病まで、男性がかかりやすい病気についての理解や支援を促進するために2003年、オーストラリアで始まった取り組みが「Movember(モーメンバー)」。これらの課題への支援の印として毎年11月は1ヶ月間、世界中の男性が連帯して髭を伸ばし続けましょう、という運動なのですが、まずはその広がりを紹介するムービーをご覧ください。

www.youtube.com

2003年、オーストラリアのメルボルンでたった30人で始められたこの取り組みはニュージーランド、北米、ヨーロッパへと広がり、2012年には1億4千ドルに登るドネーションを集めることに成功したそうです。

企業による活動も盛んで、この運動に参加する人たちのしきたりである「11月1日に髭を剃る」というアクションに着目し、過去にはバーガーキングジレットとコラボをして、彼らのマスコットキャラクターを活用したユニークなムービーを発表しています。

www.youtube.com

髭を剃ったバーガーキング、違和感が面白いですね。ちなみにこのブログでもすでに紹介していますが、フランスのKFCがカーネルおじさんを使って同じような取り組みを行なっています。

wsc.hatenablog.com

 ちなみのこの運動の主催団体は、新型コロナウイルスによる影響も大きいのでしょう。昨年の11月は男性の精神的な落ち込みへの理解と予防にフォーカスを当てたムービーを発表していました。

www.youtube.com

「行動の変化は精神的なトラブルのサインです。あなたのドネーションがあなたの父、兄弟、息子、友達、男性たちの人生を救います。男性の健康はクライシスに置かれています。今こそ、ドネーションを。」という内容です。

興味がある方は以下、主催団体の公式ホームページをご覧ください。

https://movember.com

 

1月(January)はヴィーガンの食生活にチャレンジするVeganuary

一方2014年にイギリスで始められ、ここ数年アメリカでも急速に広がりつつあるのがVeganヴィーガン:完全菜食)とJanuary(1月)を掛け合わせた「Veganuary(ヴィーガニュアリー)」という取り組み。こちらは1月の1ヶ月間、みんなで体にも地球環境にも優しいヴィーガンの食生活にチャレンジしてみよう、というものなのですが、サステナビリティへの関心が高まる中、アメリカでは前年比50%増の8万人が参加を表明し、コストコネスレなど100以上の企業からのサポートも受けているそうです。プロモーションのためのムービーも、ご覧のように参加者のインサイトをついた、いい感じで仕上がっております。

www.youtube.com

最後の”Nobody is Perfect. Let`s try anyway(誰も完璧じゃありません。とにかく始めてみませんか?)”というキャッチコピーがいいですね。この運動は現在、世界192の国に広まっているそうです。気づけば1月ももう半分過ぎてしまいましたが、まずは来年につながる「お試し版」として、ご興味のある方は今から気軽にチャレンジしてみても良いのではないでしょうか?

*蛇足ですが、ヴィーガンのレストラン情報が詰まったサイトもこちらに置いておきます。vegewel.com

いやぁ、アイデアって本当にいいもんですね。それでは皆様、また来週!