世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

メディアミックスが光る、ブラジルのプライドパレード

f:id:socialcamp:20220115150253j:plain

Photo by Margaux Bellott on Unsplash

実際に会えないという制約を見事に逆用

制約はイノベーションの元になります。今では当たり前のように多くの人が自宅からZoomなどのオンラインチャットツールを使って打ち合わせを行っていますが、それも「パンデミック回避」という制約の末に世界中が成し遂げたイノベーションだと言えます。

性的マイノリティの人たちが偏見や差別と戦うために世界中で繰り広げてきたプライドパレード。今回はコロナウイルスの影響でそれが現実の道路で開催できないという制約を、見事なメディアミックスで克服したブラジルのアイデアをご紹介します。

世界的クリエイティビティの祭典カンヌライオンズのエンターテインメント部門(音楽)にて2021年、グランプリを獲得した取り組みです。

Feed Parade "フィード・パレード"

vimeo.com

[雑和訳] ナレーション ”パウリスタ通りはブラジルの民主主義にとって意味深い場所です。そこでは1997年以来、世界最大規模のプライドパレードを行われてきました。しかし2020年、ブラジル社会がLGBTのコミュニティに対する度重なる攻撃に直面していた時…”

*【ブラジルでの暴行によるLGBTの人々の犠牲者数は過去最高に -ガーディアン】【ブラジルでは反同性愛者による暴力が伝染 -ニューヨーク・タイムズ】などニュース記事の記事が入る 

"明らかな理由(=コロナによる影響)でパレードはキャンセルされてしまいました"

"しかし南米最大のeコマース業者で、このパレードのスポンサーであるmercado livreは、今こそ彼らが商品を届けるだけではない、自由を届ける存在であることを示すチャンスだと決意しました… 例えロックダウン中であっても”

パウリスタ通りはサンパウロ中心部にある全長2.5キロのまっすぐな通りです” "我々は1平方メートル単位でこの通りを撮影し、" "ブラジルで最も象徴的なこの通りをインスタグラムのフィードに変換しました" ”そしてインフルエンサーを使い、我々は人々に「フィード」・パレードへの参加を呼びかけました”

"参加の方法は簡単でした。インスタグラムのフィード上の写真をタップし、コメントを残すだけ" "15分の内に、パウリスタ通りはブラジル中からの参加者のコメントで埋め尽くされました" "このフィードパレードは、LGBTQ+コミュニティに熱狂を巻き起こしました"

"そして、人々がその取り組みが終わったと思った後日、ブラジルで最もビッグなアーティストの一人であり、活動家である人物がミュージックビデオを発表しました" "そしてそこには、フィード・パレードに参加したすべての人々がフィーチャーされていたのです"

*【1秒あたりのコメント数:50以上】【500万インプレッション以上を獲得】など結果が入る 

”そして、世界最大のプライドパレードは生き延びたのです”

試みを盛り上げた現実とSNS+音楽の見事な組み合わせ

いかがでしたでしょうか?一般論にはなりますが現実でのイベント実施が難しい場合、実体験による興奮や一体感は削がれるものの、デジタル化することで地理的な制約を超え、より多くの人たちが参加できるようになる、という利点があります。

今回はさらにパレードの道が「直線である」という所に着目し、インスタグラムのフィード上にその道を再現した、ということと、フィードの機能を活かして誰にでも簡単に参加できるUIを設計した点が素晴らしいと思いました。

さらにご当地の有名ミュージシャンともコラボしてそのMVでもこの取り組みを活用した、という点が、ともすれば一過性で終わってしまいがちなSNSを活用したキャンペーンのインパクトを長引かせる意味で効いていると思います。

いやぁ、アイデアって本当にいいもんですね。それではみなさん、また来週!