世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

豪州のビールブランドが仕掛けた、奇想天外な太陽光発電促進アイデア

f:id:socialcamp:20210502210634j:plain

Photo by Wil Stewart on Unsplash

ここ1〜2年、世界的なトレンドに乗じて様々なブランドが再生可能エネルギーの使用を標榜し始めましたが、今回はその動きをさらに一歩押し進めたオーストラリアのビールブランド、Victoria Bitter(VB)によるユニークな取り組みをご紹介します。まずは以下の説明ビデオをご覧ください。

www.youtube.com

<ビデオ和訳>

今この瞬間も、あなたの家のソーラーパネルは家の中の様々なものにパワーを供給している。でもソーラーエナジーが余った場合、今やれることはグリッド上の電力会社にそれを決まった値段で売ることぐらいだ。

しかし「VBソーラーエクスチェンジ」プログラムは、この座組みを変える。

…あなたの作ったソーラーエナジーを、ビールと交換することで。

そう、これによりあなたは初めて、余ったソーラーエナジーVBに託すことができるようになる。30ドル相当の電力をVBに提供するたびに、我々はあなたの元にビール1ケースをお届けする。

加入のために必要なことは、ダイヤモンドエナジー社と「VB ソーラーエクスチェンジプログラム」にサインアップすることだけ。あとは我々にお任せください。

さぁ、行こうぜオーストラリア!あなたのソーラーエナジーを、ビッグで冷たいビールを交換しよう!

・・・

さてこの取り組み、いかがでしたでしょうか?今や他のビールブランドでも再生可能エネルギーを使っているところはたくさんあると思いますが、VBはただ生真面目にその事実を伝えるだけではなく、このように奇想天外な形で生活者を巻き込み話題にすることで、他ブランドの似たような取り組みを大きく霞ませることに成功しました。

また、以下の関連記事の写真でご覧いただけますが、この取り組みはただアイデアを発表して終わり、ではなくその他にも週間天気予報と連動して「今週の天気だと、あなたの家のソーラーはビール5.8本分の電力を生み出すことでしょう」といったデジタル屋外広告を掲出するなど、各種告知メディアを横断した統合キャンペーンをしっかりと行なっているようです。

www.marketingmag.com.au

ことサステナビリティとなると誤解や炎上を恐れ、自社の活動をそのまま伝えることに終始するブランドも多いように見受けられますが、その中で勇気を出して一歩、生活者の暮らしに歩み寄るアイデアを実施することで自社の取り組み全体のインパクトを飛躍的に向上させた、とても良い事例だと思いました。

いやぁ、アイデアって本当にいいもんですね。それではみなさん、また来週!