世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

H&Mによる、コロナ後を見据えた若者応援キャンペーン

f:id:socialcamp:20210424182809j:plain

Photo by Tyler Farmer on Unsplash

ワクチン接種が進む中、イギリスでは新型コロナウイルスによるパンデミックが沈静化を見せているようです。ロイターのCOVID-19トラッカーによると、その新規感染者数は2021年4月24日現在、ピーク時のわずか4%。今現在ピーク時の70%を記録してしまっている日本と比べても、社会に少しずつ明るい兆しが見えてきているのかな、と見受けられます。

そんな中、世界的アパレルブランドH&Mがイギリスで若い男性に向けて始めた、パンデミックからの復旧が見えてきたタイミングだからこそ意義がある、素晴らしい取り組みを今回は紹介したいと思います。まずは以下のイメージムービーをご覧ください。

www.youtube.com

和訳:

スーパー:第一印象は1秒以内に決まる。

(以下、画面に出てくる若者たちの母親の励ましのボイスメールが流れる)

 「ジェイソン、ジェイソン。今すぐ鏡のあるところに行って、自分の姿を見てごらん。」

「今日はあなたにとって大切な日だってことは分かってるわ。きっと緊張してるわよね。」

「落ち着いて、呼吸を整えるのよ。夢を叶えるために必要なものは、あなたの中にもうあるんだから。」

「すねた顔や、しかめっつらなんかしちゃダメ。王様のように毅然と、前を向きなさい。」

「あなたを産むことが私の人生の中で叶えた、一番嬉しかった夢だということを忘れないでね。」 

「このためにずっと頑張ってきたんだし、あなた以上に準備ができてる人なんていないわ。・・わかる?あなたはすごいの。誰にもあなたをみくびらせないで。」

「さぁ、部屋に入って自分自身を見せるのよ。あなたらしくあれば、きっとうまくいくわ。」

「愛してる。」

スーパー:あなたの就職面接のために、スーツを24時間無料で貸し出します。”ONE /SECOND/SUIT(第一印象の1秒のためのスーツ)” H&M

・・・いかがでしたでしょうか?

そうです。H&Mは「ONE/SECOND/SUIT」と銘打ち、ロックダウンにより経済的なダメージを受けたイギリスの若い男性たちが、パンデミック克服後にもちゃんとした仕事に就けるよう、彼らの面接時に自社のスーツを無料で貸し出すことにしたのです。

ちなみのこの取り組みの公式ページはこちらになります。

www2.hm.com

貸し出し時間は24時間で、対象地域は英国全土。続いてアメリカでも展開予定だそうです。今のところ用意されているのはネイビーブルーのスーツ上下(サイズはXSからXXLまで)のみですが、ネクタイにシャツ、ポケットチーフがセットで送られてくるとか。時間内に返しそびれた場合は有料(50ポンド)となるようですが、そのお金は慈善団体に寄付されるそうです。

ちなみにこれに対する人々の反応は「この取り組みは環境にも良いだけでなく、(マーケティング的にも)とても賢い。これによりどれだけの若者が人生で初めての就職面接に挑み、結果として、どれだけの若者がH &Mを認知することになるのだろう」といったツイートが交わされるなど、かなり好評のようです。(詳しくは本文下の参考記事をご覧ください。)

緊急事態下の東京ではまだそこまで楽天的に考えることはできませんが、やがてやってくるであろうポストコロナ時代に備えて、企業やブランドができることがたくさんあることを教えてくれる、素晴らしい事例だと思いました。

いやぁ、アイデアって本当にいいもんですね。それではみなさん、また来週!

 

参考記事:

www.foxbusiness.com