世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

ダウン症の人々の社会進出をポジティブに促す、楽しいメッセージムービー

f:id:socialcamp:20210321002350j:plain

Photo by Nathan Anderson on Unsplash

本日3月21日は「世界ダウン症の日」です。ダウン症候群の啓発と、ダウン症と共に生きる人々への理解促進を目的に2012年、国際デーのひとつとして国連に認められたこの日には、これまでも様々な取り組みが行われてきました。(過去の関連記事をご参照ください。)

wsc.hatenablog.com

そして2021年。今年の世界ダウン症の日に向けて作られた、ダウン症の人々の社会進出を応援するムービーがかなり心地よい出来栄えなので、ここに紹介いたします。イギリスを代表するアーティスト、Stingさんの歌による素晴らしいメッセージが込められています。ぜひ、ご覧ください。

www.youtube.com

<The Hiring Chain(雇用の連鎖)>歌詞:

♪パン屋がシモーヌを雇って、みんなが知った

彼女が仕事ができることを

弁護士がパン屋に行って彼女の働きぶりを見た

弁護士がジョンを雇ったのは

パン屋がシモーヌを雇ったから

パン屋がシモーヌを雇ったから

歯医者が弁護士の事務所に行ってジョンの働きぶりを見た

歯医者がソフィアを雇ったのは

弁護士がジョンを雇って

パン屋がシモーヌを雇ったから

パン屋がシモーヌを雇ったから

農家が歯医者に行ってソフィアの働きぶりを見た

農家がケイトを雇ったのは

歯医者がソフィアを雇って

弁護士がジョンを雇って

パン屋がシモーヌを雇ったから

パン屋がシモーヌを雇ったから

床屋が農場に行ってケイトの働きぶりを見た

床屋がポールを雇ったのは

農家がケイトを雇って

歯医者がソフィアを雇って

弁護士がジョンを雇って

パン屋がシモーヌを雇ったから

パン屋がシモーヌを雇ったから

パン屋が床屋に行って…

ポールの働きぶりを見た

パン屋は知る由もなかったが

ポールの雇用は彼のおかげだった それは…

床屋がポールを雇ったのは

農家がケイトを雇って

歯医者がソフィアを雇って

弁護士がジョンを雇って

パン屋がシモーヌを雇ったから

パン屋がシモーヌを雇ったから

 パン屋がシモーヌを雇ったから〜♪

締めのメッセージ:雇用の連鎖を始めよう。

(HIRINGCHAIN.ORGに行って、世界を変えよう。)

訳してても楽しくなるキャッチーな歌と、気持ちの良い映像の組み合わせで、ともすればお涙頂戴だったり、感傷的になりがちなこの手のメッセージを、日々の暮らしの中に訪れる”ちょっとした喜び”として前向きに表現することに成功したこの映像。ダウン症の人々の明るい表情がとにかく印象的で、彼らと共に力を合わせて価値を生み出せる世の中って、今よりももっと豊かで、やさしい気分に満ちあふれているんだろうな、と思いました。

いやぁ、アイデアって本当にいいもんですね。それでは皆さん、また来週!

 

<おまけ:ダウン症に関する過去の記事 その2>

wsc.hatenablog.com