読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

まさに三方良し!広告業界の求人と、社会貢献を両立させたベルギー発のソーシャルキャンペーン

f:id:socialcamp:20151123082018j:plain

三方良し(さんぼうよし)、という言葉をご存知でしょうか?商売で「売り手良し」と「買い手よし」、「世間良し」の3つを心がけて成功した近江商人の心得なのですが、今回はそれを地で行くベルギー発のソーシャルキャンペーンを見つけましたのでご紹介します。

手がけたのはベルギーの広告業界を取りまとめている協会。同国の広告代理店が共通の悩みとして抱えていた「コピーライター不足」を解決すべく、彼らが仕掛けたアイデアとは?まずは以下のビデオをご覧ください。 

<Sell the Jobless 失業者を売り込もう>

www.youtube.com

<ビデオ和訳>

ナレーション:

ベルギー・コミュニケーション業協会(acc)は、ベルギー国内にあるすべての広告代理店が加盟する団体。彼ら共通の悩みは、コピーライターを志望する有能な人材の減少だった。業界内で人材募集の会を開いても、焼け石に水。

そこでaccは今年、広告業界の外にいるライターたちを魅きつける、意義深いチャレンジに取り組むことにした。

<失業者を売り込もう>

この取り組みは応募者たちに車やスマホ、デオドラントを売るための広告コピーを書かせる代わりに、より人間的で、切実な課題の解決を依頼した。

男性1「こんにちは、ミシェルです」

女性1「私はワーファーです」

女性2「こんにちは、エヴァです」

女性3「私はマリカ」

男性2「私はエリック。42です。アントワープに住んでいます。2009年から職がありません。」

ナレーション:

応募者たちには、これらの失業中の人々を売り込むための紹介状を書く、という課題が課された。結果、失業者が面接のチャンスを得た場合、その紹介状を書いた応募者もコピーライターとして広告代理店にリクルートされる、という仕組みだ。

テレビやラジオ、オンライン、新聞などによる告知の結果、あらゆるバックグラウンドの、あらゆるライターから何百通もの紹介状が寄せられた。

結果を出した紹介状を書いた応募者たちは、ベルギーのトップクリエイターたちによるコピーライター講座のマスターコースに招待され、最終候補者は、それぞれの代理店に採用された。

でも、最高の結果といえば・・そう。

この取り組みの期間中、協力してくれた失業者のうちの実に4割以上が、応募されてきた紹介状を使って就職を決めることができた、ということだ。

男性2「紹介状のサポートのおかげで、自分の人生を前進させることができました。仕事は暮らしに充足を与えてくれますが、失業中だとそうはいきません。何かが欠けている気がしてしまうのです。今では毎日、メリハリのある生活で仕事を楽しんでいます。私の銀行口座にとっても、人生にとってもとても効果的な取り組みだと思います」

ナレーション:

かくして<失業者を売り込もう>という取り組みは、広告業界の人材不足を解消した一方、失業者たちに仕事の機会を与えたのだ。

“言葉の大切さと、言葉がもたらす意義ある変化を感じよう。”

タイトル:

<失業者を売り込もう>

以上、いかがでしたでしょうか?私はこのアイデアについて、以下の3点が素晴らしいと思います。

1:広告業界に興味がなかった求職者を振り向かせた「つかみ」

自分の言葉が失業者を救う、しかも自分にも仕事のチャンスができる!となれば、広告に興味がなくても腕に覚えがある人たちは参加したくなるのではないでしょうか。

2:応募課題の適切さ

対象の特長を抽出して魅力的な言葉で売り込む、という技術はまさにコピーライターの作業そのもの。これをくぐり抜けた応募者たちはそのまま、代理店にとっても理想的な人材だといえます。

3:広告業界全体のイメージアップ

このキャンペーンに触れた人たちは、言葉の力で世の中の課題解決に貢献しているという、広告業界に対する新しい見方を手に入れることになります。

業界良し、応募者良し、失業者良しというまさに理想的な「三方良し」を実現したこのキャンペーン。どんな課題であれ、アイデアを考える際にはぜひ、参考にしたいと思います。

In this article, I featured this campaign because it realizes 'Sambo yoshi' (benefit for all three sides), a traditional philosophy of Japanese merchants. This campaign is great not only for the ad industry, but also for job applicants and the whole society.