世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

ジカ熱にも有効?タイのスラム発の蚊を寄せ付けないキャンペーン : Blow up Mosquitos! – A Clever Idea to Avoid Dengue and Zika Fever

f:id:socialcamp:20160322003826j:plain

昨年、国内でも感染が確認されたデング熱に続き、今年はジカ熱の拡大が懸念される状況ですが、両方の感染源として注目される「蚊」の撃退方法として、タイのスラム街で実施されたアイデアをご紹介します。

このアイデアでは、スラム中を自由に飛び回る蚊を追い出すために、同じくスラム中を自由に駆け回る「あるもの」を利用してしまいました。有効性についてはホントかなぁ?と思う点もあるものの、発想としてはかなりアリだと思います。

How to avoid mosquitos is becoming people’s common concern as dengue and zika fever spread all over the world. And this idea from Thailand, successfully blew up mosquitos by developing a tiny but clever device.

<MOTO虫よけ剤: MOTO REPELLENT>

vimeo.com

<ビデオ和訳>

タイトル:

“725,000人が毎年命を落としている。”

“蚊が原因で。”

“タイのスラム – 蚊の天国”

“今年はデング熱の患者が、207%上昇”

“効果的な予防策はあるが、すべての地域を網羅できない”

“では、何に頼る?”

バイクだ”

“まるで蚊のように、バイクもスラム中を駆け回る”

“紹介しよう”

“世界初・バイク用蚊フィルター <モト虫よけ剤>”

“この小さな装置には”

“天然の虫よけオイルが詰め込まれている”

“排気口に装着”

“排気熱により作動”

“効能半径:3メートルまで”

“今やバイクが走るところは、蚊がいないところとなった”

スラムのコミュニティ・コーディネーター:

「この装置はコミュニティの暮らしを変える可能性があります。

有毒性もなく、バイクはスラム中をどこでも走り回るわけですから。

このアイデアはまたすべての人に、コミュニティをよりよくする

チャンスを与えている、ともいえます。」

コミュニティの人々:

「クールだよ、効果もあるしね。」

「蚊の数も減ったわよ。」

「蚊が減ってホッとしています」

“スラムの2,000㎡をカバー”

“80,000以上の人々を守った”

“ひと乗りするだけの人命救助”

“<モト防虫剤>”

<ドアン・プラティープ財団>

蚊の撃退といえば、以下の2作品も参考になります。ぜひご覧ください。

Talking about blowing up mosquitos, these ideas are also unique and effective. Please have a look.

<Dengue Bottle‪>

こちらはペットボトルに入れた水に砂糖とイーストを入れることで蚊が好きな二酸化炭素を発生させて、蚊をおびき寄せる安価なキットを提供したフィリピン発の企画。

www.youtube.com

<SP Lager Mozzie Box> 

こちらは過去にもご紹介した、たき火のそばでビールを楽しむパプアニューギニアの人たちをマラリアから守るために、ビールの梱包用段ボールに虫除けの薬剤を吹き付けた企画(焚き火にくべて、虫よけにするというアイデアです)。

vimeo.com

いやはやアイデアは、無限ですな。

There is no limit in coming up with ideas!