読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

これは賢い!ツイッターでがんの恐怖を再現したソーシャルキャンペーン

難病対策 健康・保険・衛生 イシューの認知向上

f:id:socialcamp:20141215075052j:plain

今回はツイッターを使ったコロンビア発の効果的なソーシャルキャンペーンをご紹介します。がんの進行を、ツイッターを使って疑似体験させた試みです。通常スマホ施策を考える場合「どんなアプリを作ろうか…」などと、つい手段ありきで考えてしまいがちですが、「ガンってこんな感じで知らぬ間にかかってるもんなんだよね〜」というリアリティをきちんと伝えるために、あえてアナログにやりきっているところが素晴らしいと思います。

ちなみにこれは、昨年のカンヌ国際クリエーテイブ祭の、健康や医療に関するキャンペーンを讃える「ライオンヘルス」というカテゴリーでグランプリを獲った作品です。もし医療関係の課題に取り組まれている皆さまがいらっしゃいましたら、国際的な認知促進や知名度アップのために来年あたり、応募してみていかがでしょうか?

 

<#CANCERTWEETS(#がんのつぶやき)”>


Colombian League Against Cancer "Cancer ...

<ビデオ和訳>

“がんは、静かに進行する”

「最初はセキぐらいのものなんです。

 インフルエンザかなぁ、と思って気にせずにいたんですよ」

“症状を知らないが故に、何百万もの人が命を落としている”

「そしたら医者ががんだと…」

“分からないからって、放っておくわけにはいかない”

「家族や友人は力になろうと励ましてくれました」

 

<#CANCERTWEETS(#がんのつぶやき)”>

 

ツイッターでの啓蒙活動”

“人々はこのアイデアにより、がんの「静かな進行」を体感することができた”

“・・・その「見落としやすさ」も含めて”

 

“#では、どのように?”

 

“1:まずもっとも致命的ながんのタイプを表す、ツイッターアカウントを7つ開設”

<@乳房好き 自己紹介:攻めるなら乳房でしょう>

<@まさかは起こる 自己紹介:腹の中で感じてください>

 

“2:その後、それぞれのバーチャルながんが人々をフォロー”

“芸術家、政治家、スポーツ選手、一般人…”

“最初のメッセージはほとんどの人が気にも留めない、ささやかな内容だ”

“「だいたい胸のあたりにしこりができるんです」by乳がん(@乳房好き)”

“「皮膚の色によってだいたいどんな調子かわかる」by皮膚がん”(@ラブ皮膚)

“しかし時の経過とともに、バーチャルながんは大胆になっていく”

“「@セブウィルソン、あなたの咳き込み方だとかなり進行しています」by肺がん(@最後の一息)”

“「@マリアナ34、胸の痛みはもっとキツくなっていきますよ」by乳がん(@乳房好き)”

 

“3:この時点で気づいた人たちは、事態をコントロールすることができた”

“そしてバーチャルのがんは以下のようにタネあかしをし、フォローをやめた”

“「@乳房好きさん、あなたはつぶやきで私に何をいいたいんですか?」byマサラ”

“「@マリアナ34さん、@乳房好きは本当の乳がんのように体を蝕む#バーチャル乳がんです。ただ、あなたは手遅れになる前に気づくことができました」”

“「@マリアナ34さん、症状に気づくことが、一番の予防策です。このつぶやきをリツイートして多くの命を救いましょう。#バーチャルがん」byがん撲滅連盟”

 

“3:一方、メッセージを無視し続けた人たちには最後通告が発せられた”

“「@最後の一息は肺の#バーチャルがんです。あなたに語りかけましたが、気づかれなかったようです。@ダニエルサンパーさん、もしこれが本当だったら、あなたは今ごろ末期がんになっているはずです」byがん撲滅連盟”

 

<#CANCERTWEETS(#がんのつぶやき)”>

 

“3:このアクションは、何百万もの人々にガンのように広がった”

 

レポーター「9733人ものツイッターユーザーがバーチャルがんにかかりました」

キャスター「物議を醸している、がんについての広告キャンペーンですが…」

レポーター「このキャンペーンは、多くの注目を集めています」

レポーター「バーチャルがんが、国中に広がっています」

 

“さらにこのがんは、世界の指導者たちにも転移”

 

“「@バラクオバマさん、このままだとあと数年で呼吸が止まるでしょう」by肺がん(@最後の一息)”

“「@ルーラダシルヴァさん(※ブラジルの元大統領)、あなたはゆっくりと事切れていくことでしょう」by肺がん(@最後の一息)”

“「@フアンマヌエルサントスさん(※コロンビア大統領)、あなたはゆっくりと事切れていくことでしょう」by前立腺がん…”

 

“#CANCERTWEETS(#がんのつぶやき)のメッセージの拡散に

ご協力ください”

“なぜならがんをコントロールする一番の方法は…見逃さないことだから”

 

<#CANCERTWEETS(#がんのつぶやき)”>

powered byがん撲滅連盟

 

SNSの場合、ご覧いただいたビデオのようにオバマさんとか、著名人にも簡単に送りつけることができるんですよね。ひょっとしたら、このように著名人を巻き込んで行くことも手段として頭に入れておくと、アイデアの幅が広がるかもしれません。

それでは今週も、健康に気をつけてがんばっていきましょう〜。