世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

マインクラフト、人々の「知る権利」を守る

f:id:socialcamp:20210724101501j:plain

Photo by Pan Yunbo on Unsplash

早くも1ヶ月前の話になってしまったクリエイティビティの祭典カンヌライオンズですが、これからもしばらくは週1のペースでその代表的な受賞作のご紹介を続けていこうと思います。さて今回ご紹介するのは、同賞のPR部門とデジタルクラフト部門で見事金賞を獲得した壮観な取り組みです。

言論の自由の擁護を目的としたジャーナリストたちによる非政府組織、国境なき記者団。彼らがあらゆる国の人々の「知る権利」を守るために行ったこととは…

 

世界中のどこからでもアクセスできる大人気オンラインゲーム「マインクラフト」の中に、政府により封殺された言論を自由に読むことができる図書館を作ることでした!

ということで、詳しくはこちらの解説ムービーをご覧ください。

www.youtube.com

【雑和訳】マインクラフトーそれは、何百万もの人々が楽しんでいる、ブロックで自由に世界を作れるゲーム。報道の自由が抑圧されている国々にも、制限のない自由を。「検閲、妨害、査察、そして極端に制限の強い法律。」「中東の報道の自由はここ数年、最悪のレベルとなってしまっています。」国境なき記者団提供、”検閲のない図書館”。さまざまな政府により検閲された記事が、ここでは検閲されていない本として所蔵される。ここに入れない人はいない。たとえ、弾圧の厳しい国に住む人々であっても。「ユリア・ベレゾブスカイアです。grani.ruというサイトを運営していますが、ロシア政府にブロックされています。」ー"見込みのない戦い" 著者 grani.ru 「ニュエン・ヴァン・ダイです。ベトナムのニュースブロガーなのですが、禁錮15年の判決を受けました。」ー”ベトナム共産主義体制の反革命的性質” 著者 ニュエン・ヴァン・ダイ「ハティス・センギスです。(サウジアラビア総領事館内で暗殺されたと見られるジャーナリスト、)ジャマル・カショギのフィアンセです。」ー”中東に最も必要なのは表現の自由” 著者 ジャマル・カショギ ジャーナリストたちのための、安全な場所。次の世代と繋がるために。「言論の自由は大切です。なぜなら若い世代に、世界を取り巻く政治の実態を知らせる必要があるからです。」ジェームス・デラニー(マイクラのブロッククリエイター)「検閲のない図書館は、マインクラフトを使った大胆な試みです。このゲームや、それが生み出したコミュニティの素晴らしさを具現化しています。」検閲を克服するための、オープンな場所に作られたオープンな図書館。「この壮麗な図書館を見たとき、これこそまさにやるべきことなのだと悟りました。」「世界中の人々に、この自由な情報にアクセスして欲しいと思います。」「検閲と戦う唯一現実的な方法は、検閲されたものをシェアし、広めることなのだと思います。」この戦いにサポートを。この動画にシェアを。#TRUTHFINDSAWAY (#真実は道を見つける) uncensoredlibrary.com

いかがでしたでしょうか。カンヌライオンズでPR部門を取っただけのことはある、みんなに広めたくなる衝撃的な試みですよね?

そして、上のムービーではあまり紹介されていなかったこの図書館の内部については、以下のムービーでご堪能いただけます。言論を抑圧している国ごとにデザインされたホールが美しい、建物としてもかなり素晴らしいものとなっております。この試みがPR部門だけでなく、デジタルクラフト部門という、デジタルを使った技巧の素晴らしさを評価するカテゴリーでも金賞を受賞した理由がよ〜くわかる、日本のユーチューバーによる紹介をお楽しみください。

www.youtube.com

言論の自由の本質を理解せず、「インテリにいちいち面倒くさいことを言わせるな!」とその封じ込めを応援する人々もいますが、チェック機能を欠いた権威は必ず腐敗し、汚職や不正を横行させ、結局は我々の暮らしの劣化となり返ってきます。

そしてその不満を、(意のままに操れるメディアを通じた)プロパガンダで他国や社会的マイノリティへの不満にすり替えればあら不思議、あっという間に国は破滅へと向かうのです。

それに歯止めをかけるのは人間の知性。つまり、アイデアなのです…。ということで、

いやぁ、アイデアって本当にいいもんですね。それではみなさん、また来週!