世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

サミュエル・L・ジャクソン、コロナに吠える。

f:id:socialcamp:20200411161806p:plain

Photo by LOGAN WEAVER on Unsplash

新型コロナウイルスの社会への影響が徐々に、人々の気持ちにまでおよんでいるのを実感する今日この頃。世界中で様々なインフルエンサーたちが、自分なりのカタチでこの事態に対してメッセージを発信しています。

この病気に立ち向かうために大切なことは、何はともあれできるだけ「家にいる(Stay Home)」こと。その重要性について映画「パルプ・フィクション」などで”この人に4文字言葉(F***)を言わせたら右に出るものはいない”というハリウッド俳優、サミュエル・L・ジャクソンさんは彼ならではの「絵本の朗読」でユーモアたっぷりに伝えてくれています。

www.youtube.com

「家にいやがれ、この野郎」

”全くシャレにならない事態で、働いてなんかいる場合じゃなくなっちまった。でもやんなきゃいけないことは簡単だぜ。ただ家にいやがれ、ということだこの野郎。俺は医者でもなんでもない。でも俺が詩を読めばお前ら面白がって、聴く耳を持つんだろ?だから俺様、サミュエル・"F"・ジャクソンがお前のために家にいやがれ、と言ってやってるんだこの野郎。もし前みたくフツーに暮らしたかったら、パニックにならず手を洗い、顔を触らず、家に、い・や・が・れ・この野郎。ここはカジノでもないし、ギャンブルをする時じゃない。自分の名前がタランティーノからクアランティーノ(「隔離」という英単語のもじり)に変わっちまったぐらいの気持ちになって家にいやがれこの野郎。友達?スマホアプリを使えばいつでも会えるじゃねーか。家から食い物がなくなっちまう時以外は、絶対に家にいるんだぞ、この野郎!こいつをくたばらせることに協力してくれてありがとよ。なぜならこいつは本当に手強いやつだからな。で、お前ら家にいるんだろ?じゃあ安心して「はやく寝やがれ、この野郎」。”

…こんな悪い口をきいても、そこはかとなく愛を感じてしまう彼のキャラクターでしか成立しないメッセージですね。メッセージ自体も大切ですが、街にエンターテインメントが溢れていた頃の豊かな気持ちを思い出させてくれて、俳優という職業へのリスペクトすら感じさせるコンテンツになっています。

ちなみにこの朗読は彼が以前、絵本を読んでも寝付かない子供に苦悩する親の気持ちを描いた絵本「Go the F**k to Sleep(はやく寝やがれ、この野郎)」の朗読で話題を呼んだことにちなんだ、セルフパロディでもあるようです。

www.youtube.com

こちらも微笑ましい、彼の演技力あふれる朗読が楽しいです。

・      ・       ・

新型コロナウイルス対策については、他にも世界中でさまざまな取り組みが行われています。こちらのブログでも折に触れ、皆様のクリエイティビティが前向きに刺激されるようなモノを選んでご紹介していこうと思います。 

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それでは皆さん、来週もStay Safe (& 可能な人はStay Home)で、元気にお会いしましょう!

ネットもない僻地に「ググる喜び」をもたらしたGoogleの素敵な取り組み

f:id:socialcamp:20200404152556j:plain

Photo by Daria Nepriakhina on Unsplash

 Googleの創業は私が社会人になった年と同じ1998年。当時は検索といえばYahoo!が主流で、入社2年目ぐらいに友達からGoogleを教えてもらった時は検索窓だけのシンプルすぎる(と当時は思った)サイトデザインに「なぜこれがアメリカで流行っているのか?」と不思議に思ったものです。

それから22年。日本でも「ググる」という言葉が一般に定着しているように、Googleによる検索は世界のスタンダードになりました。

しかし世界の僻地にはまだネットが普及せず、結果Google検索ができないエリアがまだたくさんあります。そこの住民たちにもなんとかして、検索のよろこびと、それによる生活の質の向上を実現してほしい…。

今回は、そんな思いでコロンビア政府とGoogleが、ネットが使えない地域の住民のために合同で行った素敵な取り組みをご紹介いたします。彼らが何をしたのかというと…(以下の説明ビデオをご覧ください)

www.youtube.com 

そうです。Googleはインプットされた音声を文字に変換し、その語句でGoogle検索した文字情報を音声に戻して応答するAIアルゴリズムを開発。コロンビア政府の協力のもと、Googleの文字の形に近い「6000913」という番号で、ネットにつながらない旧式のケータイ電話からでも音声でGoogle検索できるサービスを、ネットの使えないエリアに住むコロンビア国民に提供したのです。

上の説明ビデオでも天気を尋ねたり、宿題の調べ物や、コロンビア代表のフットボールの試合日程を調べたりして嬉しそうな住民の表情が印象的ですが、このような情報インフラを持つことは災害時、二次災害の防止などにもきっと効果を発揮することでしょう。

「ネットがない地域でも、ネットを使えるようにした」というこのアイデアは、いわゆる「イノベーション」というものが、何か新しいものを生み出すためだけのものではない、ということを教えてくれます。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それではまた来週!

今度、またリゾートに行けるようになったら…「観光客」としてのふるまいを考えさせてくれる傑作アイデア

f:id:socialcamp:20200329224042j:plain

Photo by Denis Oliveira on Unsplash

時節柄、みなさまじぃーーーーっと、家の中にいることが増えていると思います。時は春休み真っ最中。通常であればお花見や、家族旅行を満喫している頃だと思いますが、こういう事態に直面するたびに日常の幸せがいかに尊く、そしてもろいものかと思い知らされます…。

ということで今回は、国際的リゾート地が環境保全のために実施した、素晴らしいアイデアをご紹介します。以下の美しいアイデア紹介ビデオをお楽しみいただきながら、今度また、自分が自由にリゾート地に行けるようになったら現地で自然環境を守るために、どうふるまうべきかを、ちょっとだけでも考えるきっかけになれば幸いです。

・     ・     ・

その美しい島々で知られ、リゾートを楽しむために世界中から観光客が集う南太平洋のパラオ共和国。しかし観光客の中には、ゴミをポイ捨てたり、密猟したり、サンゴを傷つけたりする人たちが後を断ちませんでした。そこで当地の政府が、市民たちと組んで行ったこととは…?以下の紹介ビデオをご覧ください。

www.youtube.com

なんとパラオ政府は、入国審査のスタンプを観光客たちの「環境保護宣誓書」に変えてしまいました。このシンプルなアイデアひとつで全ての観光客たちは入国時に「未来の子供たちのために、これから訪れるパラオの地を、環境保全のために傷つけない」ことを署名で宣誓しなければならなくなりました。結果はこのビデオが示す通り、大成功。世界中のニュースで取り上げられ、かのディカプリオさんも賛同を示すなど、この課題の認知向上に大いに役立ったそうです。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それではまた来週!

シューズの売り方を変えるだけで、少数派の隠れた不満を解決したナイスアイデア

f:id:socialcamp:20200321191003p:plain

Photo by Conor Luddy on Unsplash

蛇口をひねると、水が出る。スイッチを押すと、照明がつく。大多数の便利を追求した結果、私たちは毎日、信じられないぐらい数多くの「お約束」に囲まれた暮らしを享受しているわけですが、そんな中で少数派の人々の隠れた不便や不満はこれまで、気づかれずに見過ごされがちでした。

しかし、スマホの普及などで消費者とのOne to Oneコミュニケーションが可能となった現在、そういうニッチな隠れた不満や不便を解決してあげることで、企業がブランドイメージを向上させることも可能になっています。

今回はそんな取り組みの代表的なものとして、アディダスの事例を紹介させていただきます。世界には事故や病気などの理由で、片足だけ義足を履いてランニングを楽しむ人たちがたくさんいます。その人たちの隠れた悩みは、新しいシューズを1組買うたびに、左右どちらか片方のシューズが必ず無駄になってしまうこと。それに気づいたインドのアディダスは、こんな取り組みを実施しました。

www.youtube.com

…そうです。彼らは2016年のリオ・パラリンピックの開催に合わせて、義足のランナーたちのために左右どちらか片方の足のシューズだけを1組にして売り出す「Adidas Odds」という商品を世に送り出したのです!

このアイデアの素晴らしいところは、既に売られているシューズ自体に何も手を加える必要なく、梱包時にただ、入れる靴の組み合わせを変えるだけで簡単に実現できてしまう点。この取り組みを初めて知ったとき、「シューズは左右1対で売られるべきもの」という思い込みに知らぬ間に囚われていた自分に気づき、愕然としたのを覚えています。

この商品の直接的な売り上げへの貢献はこの説明ビデオからは分かりませんが、インド初のパラリンピアン・ランナーをフィーチャーしてこの取り組みを伝えたアディダスのTVCMはインド国内はもちろん、広く世界中で話題となり、アディダスのブランドイメージ向上に大きな役割を果たしました。

世の中はまだ無数の様々な思い込みに満ちていて、それを疑い、ひねることで誰もが、誰にとってもより良い暮らしに貢献できる。

そんなことを教えてくれる、素晴らしい事例だと思います。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それではまた来週!

自分の立場からやれることを 〜 身近な新型コロナウイルス災禍対策

f:id:socialcamp:20200315162253j:plain

Photo by Akson on Unsplash

中国の武漢から始まり、今や世界中に猛威を振るう新型コロナウイルス。在宅勤務など、しかるべき対策をとり、その鎮静化に協力するのは当たり前のことですが、その過程で日常にはなかった問題がいくつか、世の中に出てきております。今回はいつもと趣を変え、私の身の回りで有志たちが始めている取り組みをふたつ、ご紹介します。

 

取り組み1:生産者と消費者をつなぐ直販アプリ「ポケットマルシェ」のフードレスキューサービス

 

f:id:socialcamp:20200315162450p:plain

www3.nhk.or.jp

 

全国の農家さん・漁師さんとテキストで直接会話しながら食材を買えるスマホアプリ「ポケットマルシェ」。消費者がこれだ!と思う生産者に直接注文し、それを受けて生産者が食べものを直接発送するという、とても便利で素敵なサービスなのですが、生産者の中にはコロナ災禍による大型イベントの中止やレストランのキャンセルなどで、それらに出荷する予定だった食べ物が余ってしまい、困っている人が大勢いるそうです。そこでポケットマルシェが立ち上げたのが「#新型コロナで困っています」という臨時コーナー。ミカンやオイスターから極太のアスパラまで「行き場を失った」食べものを買うことで、生産者の経済的ダメージを減らし、また食べもの無駄もなくすという、一石二鳥のアイデアを実践しています。

*ちなみにポケットマルシェ本体のウェブサイトはこちらになります

poke-m.com

 

取り組み2:休校による子どもたちの生活リズムの乱れを減らす「カタリバオンライン」

 

f:id:socialcamp:20200315163049p:plain

katariba.online

 

「どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会」を目指す教育NPOカタリバ。2001年の活動開始以来、高校への出張授業プログラムや、東日本大震災の被災地で子どもたちに学びの場と居場所を提供するなど、さまざまな教育活動に取り組んでいますが、今回の新型コロナウイルス対策に伴う学校の休校で彼らが危惧したのが、子どもたちの生活リズムの乱れ。

学習の遅れのみならず、休校中にゲームや動画、SNSなどに依存してしまい学校生活に戻れなくなる子どもたちを減らすべく、3月2日にオンライン上のバーチャルスクール的存在「カタリバオンライン」を立ち上げました。 

ここでは毎朝と夕方に、暮らしにリズムを作るべくサークルタイム(バーチャルHRのようなもの)の時間が設定されていて、その間の時間帯には社会の様々な分野で活躍されているボランティアの大人たちによるユニークな授業がおこなわれています。一方的にコンテンツをあてがうだけでなく、双方向で子どもにとっての居場所とストレスケアの機会をつくる。さらにはこの事態を、子どもにとって未来への新しい選択肢をつくる、可能性を広げる機会に変えていきたい!という想いにあふれた取り組みです。

www.fnn.jp

*ちなみにカタリバ本体のウェブサイトはこちらになります

www.katariba.or.jp

 

私もカタリバオンラインの授業で、このブログで紹介してきた世界中のソーシャルグッドなアイデアを、子どもたちにも楽しくわかるように伝える授業を開く予定です。

こと新型コロナについては、センセーショナルな記事の数々にパニックになりそうな時もありますが、そういう時こそ気を落ち着かせて、団体・個人を問わず自分ができる貢献を、小さくても丁寧にしていくことが大切なのかな、と思いました。

 

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それではまた来週!

 

体のハンディキャップを不便にさせない!大企業による決意を感じる取り組み2選

f:id:socialcamp:20200307115247p:plain

Photo by Allie Smith on Unsplash

人種差別や性差別、障害による差別。人間は誰しも、先天的なものや、後天的でも自分の力ではどうにもならないことを理由に他人をおとしめたいという卑しい部分を持っています。それにブレーキをかけるのが、健全な心と頭。もし自分がその立場になったらどう感じるだろう。その人たちにどんなことをしてあげるともっと喜んでくれるんだろう。そんな優しい心を持ち、動き始めた企業が最近、高い評価を受けています。今日はその中の例として、2つのほっこり事例をご紹介させていただきます。

まずは世界的家具ブランドのIKEAから。

流通や組み立てのコストを削ることでリーズナブルな家具を世界中の人々に提供しているIKEAですが、お客様の中には体の不自由な方もきっといるはず。ということで、そんな彼らの声に応えるため、こんなサービスを始めました。

www.youtube.com

イスラエルIKEAでは体の不自由な方と商品開発者を店舗に招いてハッカソンを開き、IKEAの家具に取り付けることで体の不自由な方がうんと使いやすくなる13個のサブパーツを開発。それらのCADデータをウェブで公開することで、3Dプリンターで出力さえすれば、世界中の体の不自由な方が、もっと便利にIKEAの家具を使えるようにしたそうです。これはその紹介CMのようですが、最後の「IKEAさん、次は自動で組み上がる家具を開発して!」なんていうオチも微笑ましくていい感じです。

続いてはMicrosoftのゲーム機Xbox

身体的な制限が、人々からゲームする喜びを奪ってはいけない、ということで、こんな素敵な取り組みを実施しました。

www.youtube.com

こちらも開発者がハッカソンを行い、多種多様な障害を持つ人たちにあわせて柔軟に設定ができ、誰もがゲームを楽しめる形状のコントローラーを開発、販売を開始したそうです。

これをテーマにしたCMもアメリカのスーパーボウルで公開され、全米に大きな反響を呼びました。純粋にゲームを楽しむ子供たちの姿に心揺さぶられる内容なのでぜひ、ご覧ください。

www.youtube.com

When everybody plays, we all win. (みんなでやれば、みんな勝ち!)というキャッチコピーの無邪気な感じも、心をほっこり温めてくれますね。

コロナウイルス災禍に起因するアジア人に対する差別や、身体的特徴をあげつらったお笑いなども未だに存在する残念な世の中ではありますが、これらの例を励みに、もっと多くの人が差別なく、楽しく前向きに生きるためのアイデアを考えていきたいな、と思いました。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それでは皆様、また来週!

人類の買い物に喝!張本さんもビックリの「地球を救う」クレジットカード

f:id:socialcamp:20200229212721j:plain

Photo by Hermes Rivera on Unsplash

大量生産・大量消費のこの時代。買えば買うほど、環境に負荷のかかる商品が売れ、さらに環境が破壊されていく…。便利さのあまりしょうがないじゃん、とさじを投げたくなりますが、このままいくと、地球のほうが我々を投げ出す日もそう遠くはなさそうです。(そうならないために、人類は2030年までにCO2排出量を半減させないといけないそうです。)

そんな我々を目覚めさせるために、スウェーデンのスタートアップがリアルビジネスとして開発したのが、このユニークなクレジットカード。どんな内容かは、以下の説明ビデオをご覧ください。

www.youtube.com

なんとこのクレジットカード、買った商品やサービスが排出するCO2の量に枠を設け、合算でそれを超過した場合はロックがかかり、しばらく買い物できなくなるというシロモノなんです。ビデオを見る限り、このクレジットカードには2種類あり、買ったもののCO2排出量がアプリで見れ、与えたダメージ分の資金を環境保全活動に補填(カーボンオフセット)できるホワイトカード、それに上記の買い物ロック機能がついたブラックカード、という構成のようですが、そんな建て付けにも「ブラックカードを持つような人こそ、環境意識を高めないともう世の中、ダメですよね?」というメッセージ性を感じられて素敵です。

人類の無責任な買い物欲に強烈なネガティブ・インセンティブを加え、もっとエコ・フレンドリーな商品を買わせることで世界全体のCO2排出量を減らしていこうとするこのプロジェクトはまず、スウェーデン国内のみでのサービス開始となるようです。

でも今後は海外展開も計画しているようで「あなたの国でサービスを始める時に、連絡しますので登録してください!」というサイトもできています。

doconomy.com

私も思わず、登録してしましました。純粋にアイデアの面白さに惹かれてここ10年あまり、様々なソーシャルグッド・キャンペーンを追ってきましたが、最近はそのアイデアもリアリティや、切迫感が増したものがどんどん増えてきている気がします。

いやぁ、アイデアって本当にいいものですね。それでは皆様、また来週!