読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

すべてが規格外!世界食糧計画(WFP)が実施した「とんでも素晴らしい」ソーシャルキャンペーン

イシューの認知向上 低予算 健康・保険・衛生 貧困対策 食べもの・食糧についての課題

f:id:socialcamp:20151130082801j:plain

広告の世界では数年前、街などで突然パフォーマンスをするフラッシュモブや、ありえない場所に広告を置く「ゲリラ広告」なるものが一世を風靡しました。(一般でも、集団でマイケルを踊るなどのムーブメントが盛り上がったのは記憶に新しいところです。)

今回はそれの進化版というか、ありえない!をなんども重ねることで物凄いことになってしまったソーシャルキャンペーンをご紹介します。

 

<805 Million Names (8億500万の名前)>

www.youtube.com

<ビデオ和訳>

タイトル:2015年2月14日 パリ・サンジェルマン vs カーン

ナレーション:2月14日、パリ・サンジェルマンパルク・デ・プランスでカーンと対戦した。ほとんどの選手にとって、これは数ある試合の中のひとつ。しかしこの試合は、ズラタン・イブラヒモビッチ選手にとっては最も大事な試合のひとつだった。彼の服の下には、50もの新しい名前のタトゥーが刻まれていた。…それらは彼が会ったことのない、でも近くに感じていたい、今も飢えに苦しむ8億500万人もの人々を代表する名前だった。飢えは人々の健康を脅かす、世界最大の要因であるにもかかわらず、新聞の一面を飾ることはほとんどなかった 

イブラヒモビッチは、飢えに対してできることはわずかだが、世界中のあらゆるメディアの一面を飾る術は知っていた。

国連の世界食糧計画とともに作り上げたこのイベントでは、イブラヒモビッチに向けられた注目を、飢えに苦しむ人たちへの注目に変えることにしたのだ。

私たちのアイデアの成否は、イブラヒモビッチのプレイヤーとしての能力に大いにかかっていた。その日の試合に彼がゴールしなければ、キャンペーン全体がお蔵入りという状況だったのだが、その心配はすぐに吹き飛んだ。

アナウンサー「ゴールを決めました!」

イブラヒモビッチ「人々は僕の名前を聞くたびに、(飢えに苦しむ)人々の名前を思い出し、僕の姿を見るたびに、飢えに苦しむ彼らの存在をまぶたに思い描くのです。」

ナレーション:この瞬間、私たちのメッセージは世界のニュースになった。

アナウンサー:「8億500万人というビデオが公開されました。これは50人の子供たちを…」

ナレーション:このキャンペーンは非公開のポロボノで行われ、イブラヒモビッチもノーギャラで参加。大きな予算をメディアにつぎ込む代わりに、私たちは興味関心を喚起するため、イブラヒモビッチの名声を利用したのだ。メインのメディアじは、彼の体。キャンペーンのネタばらしは彼のソーシャルメディア上で行われた。

彼の有名な友人たちにより、この話題はさらなるリーチを獲得。

タイトル:トータルリーチ 8億7,700万人

<WFP 世界食糧計画>

 

さて皆さま、このキャンペーンを自分で考え、実行することをイメージできるでしょうか?このアイデアは、3つの「規格外(=ありえない!)」から成り立っています。

1:試合直前の選手の体に手を入れるという規格外

2:シュートを決める前提でキャンペーンを組み立てる規格外

3:イエローカード覚悟で実行する規格外

1は選手自身にとっては準備のルーチンを崩すことになるので難しいですし、2については、シュートを決めなければ全てがおじゃん、という計画が、クライアント的には受け入れがたいところです。また、3に至ってはチームが激怒するし、日本であればチームのサポーターが許さないのではないでしょうか?

…ということでこのどう考えても不可能なこのアイデアを、これら3者を納得させて(しかもほぼプロボノで!)実行してしまった、という背景には制作者たちの並外れた熱い情熱と、それが呼び込んだかなりの運があったのではないでしょうか。

ちなみにこの企画の成立に運を使い果たしたのか、試合自体は引き分けだったようです。

www.goal.com

でも、このリンクのように、きちんと日本でもニュースになっていますね。

ということで、このブログが標榜しているひとひねりの非常識どころではない、物凄い非常識でメッセージを伝えてしまった「規格外に素晴らしい」キャンペーンをご紹介いたしました。 

In this article, I featured WFP’s “805 million names” campaign because it consists of 3 miracles. How did they persuade Zlatan? How did they persuade WFP? And, How did they persuade PSG? This campaign tell us the importance of passion to execute the great idea, no matter how it seems impossible.