読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

きれいごとでごまかさない。自分自身が試される、HIV感染者への差別防止ポスター

f:id:socialcamp:20150524221221j:plain

みなさんこんにちは。さて、今回はタイトルの通り、差別に関するポスターを使ったソーシャルキャンペーンをご紹介します。日本だとこの手のポスターは、きれいごとやありがちなスローガンだけでお茶を濁すようなモノも多いのですが、ブラジル発のこのアイデアには、見る人すべてを当事者に引き込んでしまう強力なメッセージが含まれています。ぜひ、ご覧ください。

 <HIY感染ポスター>

vimeo.com

 <ビデオ和訳>

シルビア(HIV感染者)「差別は情報の欠如から生まれます。」

カエラHIV感染者)「私が鼻血を出すだけで学校中がパニックになります。」

ヴィクター(HIV感染者)「僕が受けた差別は、ある時・・(涙目で)ちょっと時間くれる?」 

HIV感染ポスター>

※実際のポスターのコピー:

“私は縦60センチ、横40センチのポスターです

 しっかりとした紙に印刷され、重さは250gです。

 ただ、私が他のポスターと唯一違う点は、私がHIV感染者だということ。

 お読みの通り、私はウイルスと日々を過ごしています。

 これを読んだ瞬間、あなたはおそらく、後ずさりしていることでしょう。

 危ないかもしれない、と思って・・・。

 アーサー博士(感染学者)「ポスターは完全に安全です。HIVウイルスは体の外では長く生きられないですから。そもそも、ポスターじゃ感染しませんよ。」

ニュースキャスター「差別防止のためのキャンペーンで、サンパウロ市街に複数のポスターが展開されています。」

シルビア(HIV感染者)「私がポスターのシルビアです」

取材者「なんでポスターの血にキスしたの?」

男性「知りもしないのに、この血を持つ人たちが愛おしく思えたんだ。」

取材者「せっかくなので、紹介していいかしら?」

「私はまるで、自分自身のことのように感じました。彼らや彼女たちを普通に、身近に感じることができたと思います。」

<5億1,900万のメディアインプレッション>

<“差別なき国家を目指す貴国を祝福したい”(国連)>

<GIV ライフサポートグループ 〜 AIDSと戦いつづけて四半世紀>

“偏見が病気であるなら、情報が薬となる。”

さて、いかがでしたでしょうか?ソーシャルキャンペーンは実行する側からすると、旗を掲げるだけで正義のように錯覚してしまい、自己満足に陥ってしまう怖さが常にあります。

ソーシャルキャンペーンの企画・実行に当たっては、それが効果的なものであるべきなのは勿論のこと、さらに自分がイシューの当事者だったらそれをどう思うのか、そして本当にそれは、彼・彼女たちのためになっているのかについて考え、悩み続ける姿勢が大切だなぁ、としみじみと感じさせてくれる事例でした。

それでは皆さま、今週もよき一週間を。