世界のソーシャルキャンペーン WORLD’S SOCIAL CAMPAIGN

このブログではこれまでの常識に「ひとつまみの非常識」を加えることで世界中で話題となったソーシャルキャンペーン事例を、時に和訳文付きでご紹介。NPOや起業家等、社会をよりよくしたい人たちのヒントになれば幸いです。

心にジーン…。がん患者たちに「本当に欲しいもの」を贈ったキャンペーン

f:id:socialcamp:20140830160717j:plain

夏も終わり、すんだ夕暮れにピュアな気持ちになったりもする今日この頃。今回は、フランスでがん患者のサポートを行っているミミ財団(Mimi Foundation)が行った、心温まるソーシャルキャンペーンをお届けします。自分ががん患者だと判明以来、一時も頭を離れることのない病気への不安。財団はそれを素晴らしい(&ちょっと微笑ましい)贈り物で「一瞬だけ」なくしてあげることに成功しました。患者と真摯にふれあっているからこそ見つけられるインサイト(洞察)に団体の誠実さを感じ取ることができます。和訳文も下につけておきますので、このビデオでぜひほっこりしてください。


IF ONLY FOR A SECOND // Mimi Foundation // EN ...

<ビデオ和訳>

“何が恋しいって?何も気にしないでいられる気持ちよ”

ケイティ・A 2年前にがんを宣告された女性

 

「私は2年半、この病気につきあっています。

  治らない、という事実がまだ受け入れられなくて・・」

「去年の10月ですべてが変わりました。私は重度の肺がん患者だったのです。

  以来、ずっと死の恐怖にさらされながら生きています。その恐怖は一時も離れることはありません。」

「病気だと分かった瞬間から、何も気にしないで生きることは不可能になってしまいます。

  でも私は本当にのびのびと生きていたんです。人生を謳歌しながら…

   今でもそうできればいいでしょうけれど、もう、無理でしょう…」

 

「一瞬だけでも(If only for a second)」

 

“20人のがん患者がスタジオに集められた”

“目を閉じるよう言われた彼らはその間、ヘアメイクを施された“

  ・・・

“その後、彼らはマジックミラーの前に座った”

  ・・・

“マジックミラーの後ろには、カメラマンが待機”

“彼の役割は「すべてを忘れた」瞬間の表情を捉えること”

  ・・・

“病気の恐怖を忘れるために”

“一瞬だけでも”

  ・・・

ミミ財団(MIMI FOUNDATION)